にょきにょっき

いよいよ、2020年夏にNZにワーホリ行きます!

幼児期の英語教育について

昨日、道新で「幼児期の英語教育」についてのコラムがあったので、珍しく興味をもって読んだ。

 

www.hokkaido-np.co.jp

 

会員しか読めないのが残念なぐらい、すごく三者の意見に共感した。

 

 

 

私は、幼児期からの英語教育は必要ないと思う。そして、コラムの筆者三者の意見に賛成できる。

なぜなら実体験や職場の子たちが根拠だからだ。

 

 

実体験

私の友達で、某英語教室に小学校低学年から通っていたA子。

私は家庭の事情もあり、英会話は行けなかった。ピアノは習っていた。

年が過ぎて、中学。中学になると、英語が教科に加わる。

私は、そのころ、ハンナモンタナが大好きで、歌を聴きまくる。英語が好きになって、英語の先生にどんどん質問する。一方A子は、「自分は知っているから」「英語教室通っているから」と行って見下していた。

 

そんなこんなですごしていると、定期テストで、なんと

私の方がA子より、点数が採れた。

 

中学生の私は思った。

「英会話必要なくね?」爆

 

 

最終的には、私は海外に興味を持ち、来年ワーホリに行こうとしている。

A子は不明。(音信不通)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな、自分の実体験があるから、早期からの英語教育はいらないんじゃねーの?と強く思うわけである。

まあ、やらないよりやった方がいいけど、親がすごく力入れてしまうと、返って嫌いになるパターンの方が多いからね、習い事。

道新の筆者のなかで、「音を聴く力」を養うために、ピアノは役立つと言っている人もいたが、私もそう思う。Vサウンドとか、Thサウンドとか。ピアノ習っていてよかった〜と思う。

 

 

 

 

好きとか、やってみたい!から思う習い事は、とても賛成。

親が苦労したからとかは、親のエゴだろ!!と怒りたくなる。

幼児教育に携わる者として、自分のことを日本語で表現できるようになってから、英語習ってほしいと、思うわけで。

全てがA子のわけなが、2歳児や3歳児が「英語やってますの!先生」とアピールしてくるのは、正直うざと思う。

 

 

 

 

ワーホリ行先決定!

就職してから三年で退職して、海外に行きたい一心でした。

そして、ついに三年が経ち、念願のワーホリが少しずつ少しずつ近づいてきています!

 

わくわく( *´艸`)

 

 

行先は、

 

 

ニュージーランド

 

 

 

理由は、行ったことない国で、英語の国でなど考えると、

最終的には、イギリスかニュージーランドの候補に絞りました。

 

最後の決め手になったのは、ビザの取り方。

イギリスは抽選だし、複雑だし、免許センター(東京か大阪)に行かなければならない、そして、限定的だからそれだけ情報が少ないので不安に感じました。

 

 

 

 

ニュージーランドにワーホリてことで、

ローカルなカフェとか、バイトも夢見ていましたが、

YouTubeで、「仕事を決めてから出国しました」と説明があったビデオを見つけました。

 

 

そんなのあるの!?と内心ビックリΣ(゚Д゚)

 

 

 

コメントで質問をしたところ、

・エージェントを通したとのこと

・出国前に住むところや仕事が決まっている安心はすごい

・仕事で必要な登録等も丁寧に教えてもらえる

 

 

本当は、カナダの時もエージェントを通して、楽?してたから、

お金を節約するために、ならべく利用しないで行こうと思ってました。

でも、1度しか経験出来ないことを無駄にしたくないし、

エージェントを利用する=カッコ悪いではないはず。

 

 

 

なので、今回もエージェントを通すことにしました!

 

 

 

 

現職のことは、依然辛いですが(笑)

ワーホリの事を考えると、楽しいので、のこり数か月頑張れる!

 

 

 

 

 

 

もう限界かもしれない。

今、私は幼児教育の仕事をしています。

特に今年は、子どもたちのことが嫌いで仕方がありません。

ほんとは好きなはず。なのに、本当に腹の底から嫌い、

そんなこんなですでに八ヶ月か経ちました。

 

他人の子を、ここまで嫌いになってたら、

もし自分の子どもができた時、愛せないと思う。

それこそ、虐待してしまうのではないだろうかと感じてしまう。

 

ひどいんです、クラスが。

ひどいんです、体制が。

保護者理解も難しく、もう、毎日が嫌悪感で終わるのです。

 

 

でも、心には退職することを決意しているし、

揺らがないことは確実なので、

 

退職までの残りを一歩一歩頑張るとします。

 

 

 

 

労働条件や労働に対して、すこしでも疑問があれば、

若者の「使い捨て」が疑われる企業等への取組(相談体制・情報発信等)|厚生労働省に電話をすことをお勧めします。

 

この業界によくあることなのですが、(私の周りだけかもしれないが)

社会の常識を知らないことをいいことに、上司に丸め込まれることがよくあるのです。

なので、国の相談窓口をしっかり利用することは、自分を守ること。

 

 

自分の人生なーなーにしてはいけない。

 

 

 

生まれてきてから、すべての僕が今の君の味方。


GReeeeN「U R not alone」ミュージック・ビデオ (Short ver.)

 

最近、絶望を感じたり、人間不信になっています。

久しぶりに、newsのU R not aloneを聴いて、元気が出ました。

GReeeeNとnewsの曲はホントに素敵。

 

 

 

頑張れそうな感じがする。

 

ワーホリに向けて準備すること

ワーホリに向けてそろそろ準備をしなければ。

忘れない様に自分めも。

 

  1. 車の免許更新
  2. 渡航先を決める
  3. ビザの取得 (イギリス:1月と9月、オーストラリアとニュージーランド:一年中)3か月前ぐらい
  4. 滞在先の手配
  5. 航空券の手配
  6. 歯の治療(2か月前)
  7. 海外保険
  8. SIMフリースマホ
  9. 役所での手続き(住民異動届、国民健康保険国民年金、住民税など)2週間前
  10. 予算の準備
  11. 資金証明

何があっても大丈夫

 

f:id:milk5580:20190604213715j:plain

 

「何があっても大丈夫」と唱えること。

良いもおっけー。悪いこともおっけー。

つまりは、何があっても大丈夫だから。

 

 

 

心を強くすると、どんなことにもしっかり立ち向かえる。

 

 

 

 

 

アラジンは実写よりも、ミュージカル派(ただしオリジナルキャストに限る)です。

仕事が憂鬱で、嫌いで、あーもう、いや。

 

 

 

週末まであと2日。

 

 

 

がんばります。

 

 

 

 


5 Year / 5 Genie Medley - ALADDIN on Broadway