にょきにょっき

いよいよ、2020年夏にNZにワーホリ行きます!

今日の一曲 夢であるように

 

 


[TOD] テイルズオブデスティニー OP 高画質

 

 

Spotifyにテイルズの主題歌が入ったプレイリストがありました。

テイルズは、本当私の青春です。笑

今日、久しぶりに、夢であるようにを聞いたら、じーんときました。

 

 

 

私は”友達”コンプレックス

 

 私の決め台詞

「私、友達いないので(ドクターX風)」

 

 

f:id:milk5580:20190527231549p:plain

 

 

「地元だから友達いるでしょ?」と言われたり

「友達と〜〜〜」と聞くと、すごく、落ち込みます。

自分のこれまでの人生の中には、”友達”いました。

でも、今を見つめると、週末出かけたり、遊びに誘い合う友達・人物はいません。

それが、ものすごく寂しくて、悲しくて、受け止めきれないまま、三年目です。

まるで、というか実際に、なんて寂しい人なんだろうと感じて、嫌だなと思うからです。

 

 

過去の友達との関係をもっと良好に保っておけばよかったのかと、考えるぐらい。

でも、相手も自分も成長していて、大人になって、価値観や考えが変化しているのも事実、感じて着ました。なので、過去は楽しかったなと思えたことも、

 

今一緒にいると「辛いな」「つまらないな」と思えることもあったのです。

だから、どんどん遠のいた。

 

 

そんなことを繰り返していたら、

「今、友達いないな」

 

なんて、惨めなんだろう。

なんて、悲しい人物なのだろう。

 

 

 

友達を作る為に、行動をしよう!と思うのです。

でも、今自分の置かれている立場は、社会人。

なので、開拓するにも、難しいポジション。

そして、そして、なにより、

人見知りというか、コミュニケーション能力が低いというか、

うまく人と話せないのですよね。

 

(カナダにいた頃は常に初めましての人ばかりだったので、ある程度のフレーズを駆使して、中が深まることが多い。なので、英語だと、めっちゃ喋りやすい。日本語だと、人のプライベートをあまりずかずか聞くな。的な、無意識の気遣いが発動して、話すをのためらう。)

 

 

 

どうにかしたい。

でも、どうにも出来ない。

 

 

 

今後の人生プランでは、ワーホリに行く予定です。でも、どんどん人と話したり、友達がいない自分の変人さをもったまま、行っても大丈夫なのだろうか、と不安にもなります。

 

 

 

 

かといって、そんなに週末を持て余しているのか?

と聞かれたら、違います。

すごく充実してます。

もともと、オンとオフがはっきりしているのか?家でグータラも好きなので、

寂しいけど困ってはいない

そんな、感じなのです。

 

 

 

 

あぁ、自分でもわけわかんない。

 

 

 

今日の一曲

 

今日の北国、とても暑かったです。

例年の5月末の気温、15度とかなのに。

今日は30度

 

季節外れすぎる、

 

 

 

 

 

 

 

自分の意見を伝える練習、他人に流されない為に〜の記事を読みました。

そこで、好きな曲や好きな動画などでも、毎日伝えることが大切だ!

と、書かれていたので、私もやってみようと思いました。

 

 

 

 

 


RADWIMPSメドレー【アカペラメドレー】

 

久しぶりに、なんども聞いた歌(動画)

調べてみると、過去にハモネプ出場していたとか。

大好きなRAD、選曲、順番、どれも最高です。

 

 

 

 

浅草に行って中国人に間違われた話

前の話になるけど、10連休はベトナム にひとり旅していました。

そして、フライトの時間が合わないので、後泊することにしました。

宿泊先は、大好きな「浅草」

 

f:id:milk5580:20190519215618j:plain

 

 

 

そこで、

「日本人に中国人に間違えられ、差別にあった」

 

内容は、こんな感じ。

ベトナム 旅行のため、3泊4日用のスーツケースを持ち歩いていた。

なので、地下鉄から出るときに、エレベーターを使うことにした。

 

エレベーターおじさんなる人が人良さそうに、行き先ボタンを押していた。

人が多かったので、乗れず、私は引き続き並んで待っていた。

 

すると、いきないり

 

「最近の浅草は、おれは嫌いだ!中国人ばっかりきやがって」

「中国人は太っているから、嫌いだ」

 

辺りには中国人らしい人もいないし、明らかに私を見ながら行ってくる。

 

私は、あ、嫌だ。日本人とバレないように、と思い。スーツケースに付けてた、ネームタグをひっくり返した。

 

すると、

「日本人か?中国人みてーだな。中国人みたいな服着て。」

 

 

私は、聞こえないふり、とにかく無視。

エレベーターが戻ってくるのが、とても時間かかっているように感じた。

 

 

 

 

 

 

 

この事件は、本当に嫌すぎた。

せっかくベトナム はなんて素晴らしい国なんだ!はっぴー!びば!と思っていたら、なんて日本ひどいの?と思ったから。

 

ここで感じたのは、

*人種差別(中国人だっていい人いっぱいいる!)

*女性はこうあるものだ!(痩せてなきゃだめなど)

 

 

本当失礼極まりない。

この意識のまま、本当にオリンピック初めて大丈夫?と思うし、

今の浅草嫌いなら、来なければいいじゃんと強く思った。

東京怖いと思いつつ、このひどい経験を誰かに聞いて欲しくて、今日の今日まで大切に温めてきた。

 

 

 

でも、やっぱり浅草は好きです。

さらざんまい最高。

 

 


【6月30日までの限定公開!】『さらざんまい』オープニング・テーマ「まっさら」ノンクレジット映像

 

 

 

 

 

 

 

卒○に泣けますか?私は泣けません。

卒園式、卒業式というものに、私は泣いたことがありません。

 

泣くよ泣くよと、責められる?というか、促されると余計に泣けないし、冷めちゃいます。

 

小学校の時は、

泣いている子がいて、みんな泣き出して、遅れを取らないように頑張って泣いた。(ようは演技)

中学校の時は、

卒業式に出てないので、そもそも泣くことがないし。開放感からやったー!の方が強い。

高校の時は、

担任がめちゃくちゃに泣いて、担任と仲の良い生徒が泣いて、呆気にとられて泣けなく、引いてしまいました。同時に、この時も、開放感の方が強く、嬉しい気持ちが強いのです。

 

 

 

 

でも、私だってちゃんと泣くのです笑

 

大好きな友達と離れる時や

大好きなホストファミリーと別れる時など、

家族以外の別れや寂しさでもちゃんと泣くことができるのです。笑

 

 

 

 

式とか格式張ったものに、反抗心むき出しだから泣けないのか。

泣く、泣かない問題はかなり、自分の中にあって、

卒業式=つまらないものっていうものもある。

 

エピソードとして、

私は小学校の卒業式の時、背が大きいのでいつも後ろだった。前からは見えないので、よくふざけてた。ある時は、電球の数を数えたり、ある時は、床の板の枚数を数えたり。卒業式=退屈な時間だったのは確か。

 

 

 

 

ああ、いやだな。

 

今日をどう過ごすか(3.11)

 

当時私は、高校生だった。

授業中だった。

滅多に地震が起きない地域なのに、地震があって、

 

しかも親元を離れていたので、

とても怖かった。

 

 

でも、電話がほんとに繋がらなかったし

本州にいる姉と連絡取れたのも、数日後

 

 

親戚が東北のいて、全員無事だった。

 

 

でも、同時にとても不安で仕方がなかった。

 

 

 

 

 

今までは、怖いから津波とか、被災のドキュメンタリー番組は避けてきた。

ある日、NHKのドキュメンタリーが心に響いた。

(浪江町の2画面のドキュメンタリー番組)

 

 

 

 

今まで見なかったけど、現状はこうなのかとびっくりした。

そして、もっと知りたいと、

今思っている。

 

 

それからというもの、地震関連番組をよく見ている。

 

でも、やっぱり津波の映像を見ると、私自身は被災者じゃないけど、あの時に不安や怖さを感じた記憶を思い出してしまうから、モヤモヤはしちゃうよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

今まで忘れていたことを思い出した。(斎藤一人さんのyoutube)

ひさびさに、斎藤一人さん熱がきました。

素敵なお話がなんと、youtubeで聞ける現代。とても素晴らしいですね。

 


【斎藤一人】時間は有限「先延ばしする自分をやっつける話」

(このお話が結構好き。)

 

 

 

一番のきっかけは、母から「おもしろいよ」と勧められて読みました。

最近、職場に不満が募っていました。笑

なので、一人さんのお話を聞くと、「あーここ忘れていたな」と気づいて、話がすっと入るのです。

笑顔でいなきゃなとか、明るい服最近着てなかったなとか、色々と気づくことができました。

 

 

 

ポットキャストとかでも配信があったら聴きやすいのにな〜。